当社は日本精化グループの一員として、日精プラステック株式会社と商号変更し、新たにスタートを切り早や6年になります。この間、リーマンショックに始まり、民主党政権発足と崩壊、自民党政権への復帰、また東日本大震災および福島原発災害と、激動と悲嘆の時期でありました。
そのような中、今年2014年度から日本精化グループの新中期経営計画がスタートします。それと同時に、本年度よりバトンを受け社長に就任することになりました。

CSC(カスタムサーブ)のロゴに残された精神を引き継ぎ、商社の原点である、きめ細かい対応、提案などによるサービスでお客様に満足以上の感動を与える会社を目指します。

当社はこれからもプラスチックビジネスを通して、ユーザーのみなさまはもとより、当社にかかわるすべての人々とともに、調和のある発展をめざし、社会の豊かな繁栄に貢献したいと願っています。

今後とも一層のご支援、ご鞭撻をお願いいたします。
HOME 会社概要 代表者挨拶 物流資材 加工素材 住設資材 環境への取組 事業所案内